FC2ブログ
滋賀県日野町の面白い処、楽しい時を紹介、そして私の絵日記
滋賀県日野町の古い歴史や豊かな伝統文化、お祭りや、楽しい出来事などを紹介します。私の町おこしの活動や、趣味の遊びも綴ります。

プロフィール

日渓楽生

Author:日渓楽生
滋賀県の琵琶湖の東、鈴鹿山系にある「綿向山」を仰ぎ見る一帯を日野渓(ひのだに)と言います。美しい自然とともに、歴史や文化の豊かな町や村が広がっています。私はここ日野の暮らしを、多くの人に知ってほしいと思います。そして、この町がもっと楽しく、面白くなるようにと願っています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問カウント

ようこそ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



日野ひなまつり紀行開幕

3月11日から、ひなまつりが始まりました。初日は観光
客多かったです。寒い日が続いていますが、遠方からの旅人
が多いのに驚いています。
会場の飾りや各家庭のお雛様は、今年も充実しています。


IMG_3661.jpg

さじき窓から見るおひな様


IMG_3662.jpg

享保雛 実物が高さ35センチぐらい。大きいです。江戸時代の貴重な雛人形です。



IMG_3663.jpg

各家庭で、気風を凝らされています。いいですねー


IMG_3694.jpg

立派な御殿飾り


IMG_3717.jpg
ひなみくじ
IMG_3718.jpg
お内裏様とおひなさまからあなたにお言葉がございます。

今年の新作!雛御籤です。
人気出てます。



IMG_3715.jpgIMG_3727.jpg

お雛様にも変身!できます。お内裏様にも変身!できます。



IMG_3671.jpg IMG_3664.jpg
超甘いおぜんざい。     竹筒の上のおひな様


スポンサーサイト




「日野ひなまつり紀行」準備開始

2018ohinasamairasutoimg007.jpg

町の大きなイベント「日野ひなまつり紀行」の

準備が始まりました。

実行部隊の打ち合わせ・ポスターチラシの製作・各家に飾る
竹の加工・・・・
今年も多くの観光客が来ますように、そして満足してお帰り
いただくように、そして、何より自分たちが楽しめるようにと、
色々盛りだくさんな企画を立てています。お蔵の中に寝て
おられる「おひなさま」もこのお祭りを待っておられますの
で、期待に応えられるよう楽しくなるように検討中です。
皆さん滋賀の日野!昭和の初めの懐かしい街!風情あ
るひなまつり!に来てください。
待っておりますでごじゃる。



IMG_3379.jpg 2018iinnkaiIMG_3434.jpg


IMG_3063.jpg
はい頑張ります。

IMG_3062.jpg
はい 頑張ります。

おひなさんを飾っている各家の玄関先に置く竹飾りを作ります。
山から大量の竹を取をとってきて、加工します。
日野ひなまつり紀行独特の置物です。


IMG_3490.jpg


IMG_3488.jpg IMG_3526.jpg
たけかざりIMG_3535
完成。まだまだ先は遠い・・・150組作ります。
竹の切り口、赤いところに小さなおひなさまや人形が・・・
各家の発想で色々なのが楽しいです。


posuta-kanseiIMG_3451.jpg

日野ひなまつり紀行開催期間限定お土産品「竹に描いた
おひな様」製作中です。
毎晩夜なべ。同じものがないようにと姿・色彩・表情・・・
・・・お雛様はすまし顔で座ってはいません。
ほとんどは踊っていたり、大笑いをしています。 
眠くなったり、色がはみ出たり、苦戦していまーす。
お越しになられましたらお買い求めください。
売り上げは、このイベントの運営資金になります。
このひなまつりイベントの運営にご支援とご協力を。


takenojyunnbi (3)
きれいに研磨します。
takenojyunnbi (1) IMG_3532.jpg
洗います。                         乾かします。

竹絵の製作IMG_3522 (1) 竹絵の製作IMG_3522 (4)
良く乾いたら、鉛筆で下書きをします。   白から、淡い色から順番に

竹絵の製作IMG_3522 (5) 竹絵の製作IMG_3522 (6)
20枚程度をセットに、同じ作業を繰り返します。   ほぼ色塗りができてきました。

竹絵の製作IMG_3522 (7)
最後に黒を・・・。目・鼻・口・頬 これからです。
一句加えたり、サインを入れたり、イベント名を書いたり・・まだまだです。

日野祭の曳山が、今年は6年一度、16基が全部出る年です。

今年は、日野祭の曳山が、6年一度、

16基が全部出る年です。


今年は、曳山を所有しない地区(字)が、神輿当番になるため、
曳山のある町内すべてが、曳山の巡行に専念できる為です。


posuta-2017IMG_2544.jpg

今年の宵山とお祭り当日は、例年になく
多くの人でにぎわうことになるでしょう!
 情報=5月2日の宵山・・・NHKさんの中継があります。


20150503hinomaturiburoguDSC_0356_20170502074928df4.jpg 20140503yoiyama_201705020749273c8.jpg



irasutoIMG_2552.jpg
朝7時半頃に、各町内を出発して、10時半ごろに綿向神社に
全ての曳山が到着の予定です。


hikiyamamiyairiDSCF0005.jpg

巡行を見るなら、8時から10時前ごろが、見所になるでしょう。
見学場所にもよりますが、神社に近いところは時間帯が後に
なります。


IMG_0420.jpg



watamukijinnjya.jpg

お祭りのクライマックスは、曳山が連なって神社に入る華やか
な様子と、11時半より渡御(とぎょう)の出発の厳粛な光景で
す。3人の稚児を囲んで、太鼓を鳴り響かせる「芝田楽」、
「警固」「獅子太鼓」「大榊弓矢」「御太刀」「神饌唐櫃」「剣鉾」
「巫女」「大幣」「小幣」「神馬」「神職」と続いて、そして威勢の
良い「神幣」が3基、それぞれの「神幣」そして最後は「綿向
神社の神主」で終わる壮大な時代絵巻です。さらに、16基
の曳山の内、いくつかが下ります。





日野の曳山は、漆塗りで、金箔が張られており、飾り金具や
彫刻が、たくさん施されています。
また「見送り幕」をはじめ、高価な織物もかけられています。
名工が作った、そうした美術工芸品を鑑賞をしてください。


DSCF0023.jpg



毎年のように、各町内では、曳山の修復がされています。
車輪や車軸の修理、見送り幕と呼ぶ「大きな飾りの織物」の
新品の購入、漆の柱の修繕など、とても高額な費用を費や
して曳山の維持をしています。
そうしたことにも注目して見てください。


16kiIMG_2547.jpg



16基全部出るという年でもあって、今年も、我が家では、
たくさんの友達や親せきを招待しました。
40名を超えることになりそうです。
お掃除や料理やしつらえ等、ただいま準備を急いでいます。


我が家の今年の予定料理

maturiryouri00210005_20170425141018328.jpg

田楽
dengaku.jpg

お酒色々
osakeIMG_2570.jpg


鯛素麺
taisoumen 064



 今年の「日野祭」

     天気が良さそうです。

   皆様にも大いにお楽しみいただけると思います。




日野まちなか歴史散策と秋の桟敷窓アート

天候に恵まれて、たくさんの観光客が来られてにぎわいました。
来場者にお楽しみいただけるようにと、たくさんの看板をかきました。
町の歴史の紹介と当日の催しの案内です。
運営に携わったメンバーがそれぞれに一生懸命企画しましたので
各催し会場全部を見ていただけるようにと案内をホウボウに掲げました。
その一部です。


201610sajikimadonakateimae.jpg


IMG_1344.jpg


IMG_1346.jpg


IMG_1405.jpg


IMG_1404.jpg


IMG_1406.jpg


IMG_1520.jpg


IMG_1501.jpg


IMG_1494.jpg


IMG_1490.jpg


IMG_1483.jpg


IMG_1479.jpg


IMG_1467.jpg


IMG_1438.jpg


IMG_1415.jpg


IMG_1407.jpg


IMG_1345.jpg



日野祭の曳山の車輪・車軸の大修理

200年以上たっていますから、傷んできます。今年は車輪の締め直しと、車軸の取り換えを行います。
永年迷い続けた大工事です。安心して巡行できるように、そして次の時代に引き継げるようにと、
負担は大きいですが・・・。


取り外しの工事です。
IMG_0289.jpg



IMG_0323.jpg

5月3日は、日野祭!日野の一大イベントです。3月末から、相談が始まり、お囃子の練習や、ダシの製作が始まります。
楽しみでもあり、何かと負担も多く苦しみでもありますが、伝統を消すわけにもいかず、とにかく踏ん張って、継承しています。


日野祭神社2



IMG_0698.jpg


「輪締め」  発注した飛騨高山の鍛冶屋さんに、作業の立ち合いに行きました。
曳山の木製の車輪の周りに、真っ赤に焼けた鉄の輪をはめ込む作業です。


松の炭で鉄輪を真っ赤に焼きます。
wazime 1


木の車輪に置きます。
wazime2.jpg


いっきに大量の水で冷やします!wazime 3


冷えたら、鉄輪が車輪にしっかり食い込むように締め込みます。完成です。
wazime4.jpg


車軸ができました。これで今年は安心して巡行ができそうです。
sinpinsyajiku.jpg



華やかな曳山
日野祭神社1


4月23日 車軸車輪到着
曳山車輪修理1

曳山車輪修理2

曳山車輪修理3

曳山車輪修理4

曳山車輪修理5


曳山の車軸・車輪の修理 完。