FC2ブログ
滋賀県日野町の面白い処、楽しい時を紹介、そして私の絵日記
滋賀県日野町の古い歴史や豊かな伝統文化、お祭りや、楽しい出来事などを紹介します。私の町おこしの活動や、趣味の遊びも綴ります。

プロフィール

日渓楽生

Author:日渓楽生
滋賀県の琵琶湖の東、鈴鹿山系にある「綿向山」を仰ぎ見る一帯を日野渓(ひのだに)と言います。美しい自然とともに、歴史や文化の豊かな町や村が広がっています。私はここ日野の暮らしを、多くの人に知ってほしいと思います。そして、この町がもっと楽しく、面白くなるようにと願っています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問カウント

ようこそ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



おひなさまをお譲りいただけませんか?日野ひなまつり紀行ただいま準備中!

街がお雛様でいっぱいになります。次回「日野ひなまつり紀行」は2月10日から3月10日までです。ぜひ来てください。
IMG_1289.jpg
日野独特の光景 桟敷窓から見るお雛様
IMG_1119.jpg
ほいのぼりが、小雪交じりの北風で揺れています。
IMG_1251.jpg
200軒近くの会場や一般家庭でお雛様が飾られます。街はお雛様で華やかになります。もし御不用になりましたお雛様がありましたら、日野で大切に飾らせていただきます。お譲りください。御連絡は、日野観光協会まで。
スポンサーサイト




可愛いお客さんです。どちらまで?ちょっとたこ焼きを買いに・・・

秋の桟敷窓アートのイベントで、孫たちが人力車に乗りました。隣の町内の曳山を見て、たこ焼きを食べたいそうです。車夫さんよろしく。この町では、人力車組合が明治20年に設立されました。その再現です。
jinrikisya241014.jpg

写真・彫刻 フクロウの大好きな作家さん
青森から日野に移住した彫刻家

桟敷窓の向こうでギターライブ
桟敷窓の向こうでギターライブ


日野の大火災「日野焼け」

今から250年ほど前、宝暦6年に、日野は大火災に見舞われました。その歴史を、あるグループが、舞台でみなさんに披露すると云うので、紙芝居風に、絵を描いてみました。原因は子供の不用意な火遊びでした。強風で町のほとんどが焼失してしまいました。しかし、城主や、日野の有力な商人やその取引先などの援助によって、短期間のうちに見事復興をしました。今ほど地域社会の支援体制は整っていなかったのではと思いますが、この時代も、多くの支援の手が差し伸べられた様子が記録として残っています。それ以上に、当時繁栄を誇った近江日野商人の財力が復興に大きな力となったようです。描いた絵の一部です。

hinoyakekasai_20121017062043.jpg

京都の火の神様、愛宕神社のお札を納める塔です。この大火以来、日野の街かどには、このようなお札を入れる塔が建っており、今でも、京都の愛宕神社にお参りをして「火伏せ・防火に霊験のあるお札」をいただいてこの箱に納める伝統が続いています。

hinoyakeatagojinhudatou_20121017062155.jpg