FC2ブログ
滋賀県日野町の面白い処、楽しい時を紹介、そして私の絵日記
滋賀県日野町の古い歴史や豊かな伝統文化、お祭りや、楽しい出来事などを紹介します。私の町おこしの活動や、趣味の遊びも綴ります。

プロフィール

日渓楽生

Author:日渓楽生
滋賀県の琵琶湖の東、鈴鹿山系にある「綿向山」を仰ぎ見る一帯を日野渓(ひのだに)と言います。美しい自然とともに、歴史や文化の豊かな町や村が広がっています。私はここ日野の暮らしを、多くの人に知ってほしいと思います。そして、この町がもっと楽しく、面白くなるようにと願っています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問カウント

ようこそ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



我が家の5月3日

昨夜の宵山   3基の曳山が集まって、お囃子の競演を

します。美しい光景です。
 

20150503ひのまつりIMG_2386 (6)

お祭り当日は、5時に起きて、風呂に入って体を清めます。 そ
して、玄関や、客席となる座敷や桟敷席の掃除としつらえをして
から、早い朝食をとります。神輿の警固役の娘婿の着替えを手
伝います。7時20分に、芝田楽の3人の神子(このお祭りを主
宰する神さんのお使い)が、我が家で休憩されますので、それ
を迎えます。ジュースとお菓子でもてなします。

IMG_2340_20190413150146a7e.jpg   20150503祭りIMG_2354 (3)

使われるトイレも清めて置きます。
休憩される玄関ホール 専用の椅子と座布団を並べます。 

20150503ひのまつりIMG_2386 (2)    20150503ひのまつりIMG_2386 (3)


20150503ひのまつりIMG_2386 (7)
 
       20150503hinomaturiotigosann.jpg
    

そして、曳山の巡行です。町内の山倉から神社に向かいます。
車輪周りの担当をして、参加者に事故の無いように、そして
200年以上前に建造された貴重な曳山が壊れないようにと、
気遣います。順調に進んで、宮入りです。無事におさまりま
した。ダシを曳山の上に立てて完了です。今年もダシは、素
晴らしい出来映えです。

20150503hinomaturiburoguDSC_0191 (1)

方向転換の操作です。中心にある軸で、山を浮かせて回転させます。

20150503ひのまつりIMG_2386 (9)

20150503祭りIMG_2354 (1)
信州からの応援部隊。いなせなお兄さん、お姉さん


20150503ひのまつりIMG_2386 (10)

20150503hinomaturiburoguDSC_0191 (2)




家に戻って、来客に挨拶をして、昼の宴会の準備をします。メイン
の料理は「鯛素麺」です。主催する桟敷窓アート展の各会場に行
って作品を見て廻ります。12時に、親戚や友達、そして作家さん
達と、一緒にごちそうをいただきます。その後は、この日のため
に特別にしつらえられた見物用の席「桟敷窓」から、お渡りの行
列や神輿が通るのを見たり、少し近所をぶらぶらしたりします。
通りかかった友達や、また、観光客と話をしたりします。朝が早
かったので、眠くなりましたので、自分の部屋にもどって、ちょっ
とうとうとしました。

20150503hinomaturiburoguDSC_0191 (4)


20150503ひのまつりIMG_2386 (12)


桟敷窓からの眺め

20150503hinomaturiburoguDSC_0191 (3)

地元の作家さんの工芸品の展示販売です。

20150503sajikimadoa-to.jpg

20150503sajikimadoa^toIMG_2301

20150503sajikimaddddoa-to.jpg






そして、5時半に曳山を引き取りに神社に行きます。提灯に明
かりをともして、ゆったりとしたお囃子とともに、町内に戻ってき
ます。私はこの夕刻の曳山の巡行が最も好きです。祭りを惜
しむかのような、悲しげなお囃子と、ぎしぎしと揺れ動く曳山の
帰路・・・。

20150503hinomaturiburoguDSC_0356.jpg


20150503ひのまつりIMG_2386 (13)

山が蔵に収まりました。万歳三唱して解散です。

20150503ひのまつりIMG_2386 (1)



午後8時に、曳山を蔵に戻して、お祭りは終了です。天気は良
かったし、事故もなく、たくさんお方に協力いただいて、今年の
祭りも、無事に終わりました。そして、帰宅すれば、少し遅い夜
の宴会。こんな充実した楽しい祭りをあと何回迎えられるか・・
・・などと。

スポンサーサイト