FC2ブログ
滋賀県日野町の面白い処、楽しい時を紹介、そして私の絵日記
滋賀県日野町の古い歴史や豊かな伝統文化、お祭りや、楽しい出来事などを紹介します。私の町おこしの活動や、趣味の遊びも綴ります。

プロフィール

日渓楽生

Author:日渓楽生
滋賀県の琵琶湖の東、鈴鹿山系にある「綿向山」を仰ぎ見る一帯を日野渓(ひのだに)と言います。美しい自然とともに、歴史や文化の豊かな町や村が広がっています。私はここ日野の暮らしを、多くの人に知ってほしいと思います。そして、この町がもっと楽しく、面白くなるようにと願っています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問カウント

ようこそ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



日野祭の曳山のダシ(飾り物)作り

dasi2013datemasamune_20160424070317c36.jpg

                   dasi201005songokuu_20160424070316a00.jpg



これは5・6年前のダシです。今年は・・・

日野祭に巡行する曳山は、その屋上にダシを飾ります。ダシの題材は、
古典的な神話や、武勇伝、おとぎ話や、地元の民話、さらには今風の
はやりのアニメや人気のテレビドラマからもと様々です。わが町内、近
年は郷土に伝わる民話やこの町の歴史上の偉人をテーマにしています。
さて・・・、今年は・・・うーん。図書館にて調べて、迷って、悩んだ結果、
これだ!ということで作り始めました。
何ができるか・・・完成の経過をご覧ください。 


2016nendasi1.jpg
顔のない龍? 大判のボール紙4枚に墨絵風に描きました。


2016nendasi3.jpg
立体の龍の頭  竹、発泡スチロール、ボール紙で形を作って、その上から美濃紙を貼って仕上げます。
ターナーのアクリル絵具で色付けです。


2016曳山のダシ顔2

2016hikiyamanodasiかお1

首が2個ゴロン   材質は桐の木でできています。その年の人物により、その特徴に合わせて、
紙粘土で凹凸をつけます。その上に和紙を重ねて糊付けします。アクリル絵の具で仕上げます。
 髪の毛は、人物に合わせて毛糸でカツラを作ってそれを頭にかぶせます。今回は白髪の老人
のカツラと、若い青年のカツラを作りました。


2016nendasi4.jpg
胴体2つ   登場人物の動きによって形を作るのは難しい作業です。・・・・・垂木、竹、新聞紙、ボール
紙、針金、ねじくぎ・・で胴体の原型を作ります。手や足は、昔から伝わってきたものを使います。サイズ
はLLサイズぐらいです。


2016nendasi5.jpg
絵皿 筆 筆洗い 硯


2016nendasi6.jpg
お裁縫  人物にあわせて、衣装を作ります。今年は、2人とも白い着物に袴姿です。たすき掛け
です。白い着物は、シーツで作りました。


2016nendasi7.jpg
半立体の雲竜図  平面の龍の胴体と立体の龍のかしらをつなぎました。いい感じです。
いまにも飛び出してきそうな迫力のある「雲龍図」という設定です


2016nendasi8.jpg
着物・袴の着付け  袴は、化繊の安いものをネットで購入しました。ぴったりでした。いよいよ完
成まじかです。 最後まで手を抜かないように、姿を整えながら。片腕は、着付けができてから最
後に取り付けます。


2016nendasi9.jpg
二人目の着付け  若い人物の方も、着付けをします。曳山の上に飾ることを考えて、置く方向、
取り付け方、思案しながら・・・
この最終段階で、丁寧な仕事をしないと、今まで各部品をリアルに作ってきた成果が、半減します。



IMG_0776.jpg

説明書は曳山の下に、掲示します。見物客の皆さんに、このダシの「いわれ」を紹介する為です。
今年は、この町の江戸時代の偉大な画家、高田敬輔さんが、お寺(信楽院)の天井に「雲龍図」を
描いているところをダシにしました。
各部品はできました。後は曳山の屋上で組み立てるだけです。
かなりよくできたと思っていますので、飾るのが楽しみです。
完成の姿、それは5月3日に披露です。


ダシ完成2016年
掃除の日に、試しに、飾って見ました。


スポンサーサイト




日野祭のお囃子の練習

日野祭のお囃子です。新町の子供たちが、この1年でずいぶん上達しました。1年通じて熱心な大人に習って、ほぼ全ての曲目を吹けるようになった子供もいます。太鼓も鉦も上手になりました。曲は「やたい」「ばかばやし」「おおま」「さくらばやし」「ほうかいぼう」「しちょうめ」などあります。上達ぶりを聞いてください。昨年の練習風景も探していただくとありますので比較してください。

IMG_0681.jpg





お囃子の練習子供
お祭り大好き!お囃子の天才少年現れる。リズム完璧!



IMG_0677.jpg



お囃子の練習日は、子供たちは絶対出席します。お囃子ができることは、一生の宝物を得たようなものです。




[続きを読む]