FC2ブログ
滋賀県日野町の面白い処、楽しい時を紹介、そして私の絵日記
滋賀県日野町の古い歴史や豊かな伝統文化、お祭りや、楽しい出来事などを紹介します。私の町おこしの活動や、趣味の遊びも綴ります。

プロフィール

日渓楽生

Author:日渓楽生
滋賀県の琵琶湖の東、鈴鹿山系にある「綿向山」を仰ぎ見る一帯を日野渓(ひのだに)と言います。美しい自然とともに、歴史や文化の豊かな町や村が広がっています。私はここ日野の暮らしを、多くの人に知ってほしいと思います。そして、この町がもっと楽しく、面白くなるようにと願っています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問カウント

ようこそ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



日野祭のダシ飾りの製作その2

日野祭のダシ飾りの製作その2です。

人形の体を作っています。

IMG_6048.jpg


 垂木の芯棒に、肩や腰などの骨組を木で整えます。
ふくらみは、竹で編んだり、ウレタンなどの柔らかい厚みの
あるものを巻き付けたりします。
手や足の部品は、以前からあるものの中から、適当なもの
を選んで取り付けます。問題は衣装です。今まで残してきた
ものの中から使えるものがないか探します。
ない場合は、新たに生地を買ってきて仕立てます。


西田次郎七 紺の着物・紺のたっつけ袴・黒のでんち・・・にしようかなあー

IMG_6035.jpg

徳川家康 陣羽織・黒の鎧・赤か柄の着物・たっつけ袴に・・・ 和田治大夫 白の作務衣

IMG_6036.jpg IMG_6037.jpg

試作の張り子の頭の顔を書きました。にこやかな
というつもりでしたが、ちょっと気持ち悪い顔にな
りました。・・乾燥中・・・自分が作った顔ですから気
楽に書き直せます。


IMG_6041.jpg IMG_6054.jpg

鉄砲ができました。

IMG_6074.jpg

器用な従弟に依頼していた「日野鉄砲」が出来上がりました。もちろん撃てませんが・・・。


スポンサーサイト




2019年、日野祭りの曳山のダシ作り

曳山に載せるダシ作り開始!

今年は、「関ヶ原の戦いで、日野鉄砲300挺、
徳川軍に献上!」です。

dasinoime-jiimg011.jpg 
昔日野は鉄砲が作られていました。全国でも指折りの産地
でした。なので、関ヶ原の戦いの直前に、徳川軍から、鉄砲
作ってくれとの依頼がありました。徳川の勝ちを信じた日野
の役人や庄屋たちは、鉄砲を作ることにしました。しかし、
ここ日野は豊臣の家臣「長束正家」の治める領地であった
ため、極秘のうちに作らねばなりません。和田治大夫はじ
め鉄砲鍛冶達は、領主長束家の役人の目を盗んで、ひそ
かにそして大急ぎで鉄砲を作りました。

     ・・・・・続く・・・・・

ieyasunokabutoIMG_6000.jpg

dasinokasira3koIMG_6004.jpg

dasinosetumeisyoIMG_6002.jpg


ダシの人形の「かしら」を張り子で作ってみました。

①既存のかしらにビニールの袋をかぶせて、その上から
  「木工ボンド」又は「フエキノリ」をたっぷり付けた新聞
紙を貼っていく。
②五重ぐらい貼れたら乾かして、頭の後ろから切り開いて
  土台のかしらからはがす。
③はがした張り子の頭に「フエキノリ」で再び新聞紙、コピ
  ー紙、美濃紙や半紙で重ねて貼って、乾かす。仕上げ
  は、しわにならないように、柔らかい白い紙で。

IMG_6033.jpg IMG_6008.jpg 

IMG_6027.jpg IMG_6030.jpg


IMG_6034.jpg

耳や、鼻、口元などは、凹凸を、ボール紙・紙粘土などで調整が必要です。
意外とうまくいきます。

この後の工程は、ただいま製作中につき、次回に