FC2ブログ
滋賀県日野町の面白い処、楽しい時を紹介、そして私の絵日記
滋賀県日野町の古い歴史や豊かな伝統文化、お祭りや、楽しい出来事などを紹介します。私の町おこしの活動や、趣味の遊びも綴ります。

プロフィール

日渓楽生

Author:日渓楽生
滋賀県の琵琶湖の東、鈴鹿山系にある「綿向山」を仰ぎ見る一帯を日野渓(ひのだに)と言います。美しい自然とともに、歴史や文化の豊かな町や村が広がっています。私はここ日野の暮らしを、多くの人に知ってほしいと思います。そして、この町がもっと楽しく、面白くなるようにと願っています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問カウント

ようこそ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



自分のルーツ

仏壇の引き出しに、おじいさんの書いた記録がありました。
読めませんが、すらすらと筆で書かれています。
IMG_6125_201904191610485b9.jpg


昔兄が「自分史」書くときに、誰かに楷書で書き直してもらったようで、
おじいさんやおお爺さんのことがわかりました。
私の本家は、江戸屋という屋号の家です。5代目江戸屋は佐兵衛で
す。6代目は、治兵衛です。6代目の次男が兵吉で、私のおじいさん
です。群馬県の桐生にある矢野商店の番頭でした。定年になり日野
に帰ってきて明治45年7月1日に呉服屋をはじめました。自分の手持
ち資金は2800円しかなかったので2・3人に借金しました。その後商
売は順調だったようで、「無病達者ニ勤事出来ル者 神仏の御蔭と
深ク相憶え候・・・・・」と書かれてあります。昭和3年に67歳で亡くなっ
ています。
koukokuIMG_6126.jpg

img004_20190420210158e9c.jpg

呉服屋は兵吉の次男忠二が引継ぎましたが、その息子の私はサラリ
ーマンをしましたので、平成3年に閉店しています。
日野商人のことあまりご存知ない方には、何で遠い群馬県で働いて
いたの?と思われますでしょう。日野の商人は、江戸時代から中山道
沿いの各町や関東の各町に進出して、成功をおさめ、いくつもの店舗
を持って商いをしていました。日野の人達は、親せき等縁続きの日野
商人のお店に勤めました。
img005.jpg


私のおじいさんも、日野商人の矢野文左衛門の経営する桐生の矢野
呉服店に勤めてたとあり、「石井清吉殿支配の元、関谷信次郎、大澤
達次郎・・・」といずれも日野出身の親戚関係にあたると思われる名前
が記載されています。

スポンサーサイト




ダシ作りその3です。最終です。

日野祭の曳山の上に飾る「ダシ」がよう

やく完成しました。

3体の人形に着せる衣装を、作りました。以前からある
ものを使いますが、ぴったりとイメージに合わないもの
は、新たに作ります。
縫いなおしたり、形を変えたりもします。

IMG_6087.jpg

着物が着せられるように、人形の片手や片足は取り付け
ないで、後で取り付けられるようにしておきます。ここは
ポイントです。
着せてみました。衣装の派手さに欠けるので、見栄えがし
ませんが、まあまあの出来です。
また一つ日野の歴史を皆さんに立体的に紹介できました。


IMG_6085.jpg

当初の完成図に近い物ができました。

img004_2019040620593445b.jpg