FC2ブログ
滋賀県日野町の面白い処、楽しい時を紹介、そして私の絵日記
滋賀県日野町の古い歴史や豊かな伝統文化、お祭りや、楽しい出来事などを紹介します。私の町おこしの活動や、趣味の遊びも綴ります。

プロフィール

日渓楽生

Author:日渓楽生
滋賀県の琵琶湖の東、鈴鹿山系にある「綿向山」を仰ぎ見る一帯を日野渓(ひのだに)と言います。美しい自然とともに、歴史や文化の豊かな町や村が広がっています。私はここ日野の暮らしを、多くの人に知ってほしいと思います。そして、この町がもっと楽しく、面白くなるようにと願っています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問カウント

ようこそ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



日野祭のダシ飾りの製作その2

日野祭のダシ飾りの製作その2です。

人形の体を作っています。

IMG_6048.jpg


 垂木の芯棒に、肩や腰などの骨組を木で整えます。
ふくらみは、竹で編んだり、ウレタンなどの柔らかい厚みの
あるものを巻き付けたりします。
手や足の部品は、以前からあるものの中から、適当なもの
を選んで取り付けます。問題は衣装です。今まで残してきた
ものの中から使えるものがないか探します。
ない場合は、新たに生地を買ってきて仕立てます。


西田次郎七 紺の着物・紺のたっつけ袴・黒のでんち・・・にしようかなあー

IMG_6035.jpg

徳川家康 陣羽織・黒の鎧・赤か柄の着物・たっつけ袴に・・・ 和田治大夫 白の作務衣

IMG_6036.jpg IMG_6037.jpg

試作の張り子の頭の顔を書きました。にこやかな
というつもりでしたが、ちょっと気持ち悪い顔にな
りました。・・乾燥中・・・自分が作った顔ですから気
楽に書き直せます。


IMG_6041.jpg IMG_6054.jpg

鉄砲ができました。

IMG_6074.jpg

器用な従弟に依頼していた「日野鉄砲」が出来上がりました。もちろん撃てませんが・・・。



2019年、日野祭りの曳山のダシ作り

曳山に載せるダシ作り開始!

今年は、「関ヶ原の戦いで、日野鉄砲300挺、
徳川軍に献上!」です。

dasinoime-jiimg011.jpg 
昔日野は鉄砲が作られていました。全国でも指折りの産地
でした。なので、関ヶ原の戦いの直前に、徳川軍から、鉄砲
作ってくれとの依頼がありました。徳川の勝ちを信じた日野
の役人や庄屋たちは、鉄砲を作ることにしました。しかし、
ここ日野は豊臣の家臣「長束正家」の治める領地であった
ため、極秘のうちに作らねばなりません。和田治大夫はじ
め鉄砲鍛冶達は、領主長束家の役人の目を盗んで、ひそ
かにそして大急ぎで鉄砲を作りました。

     ・・・・・続く・・・・・

ieyasunokabutoIMG_6000.jpg

dasinokasira3koIMG_6004.jpg

dasinosetumeisyoIMG_6002.jpg


ダシの人形の「かしら」を張り子で作ってみました。

①既存のかしらにビニールの袋をかぶせて、その上から
  「木工ボンド」又は「フエキノリ」をたっぷり付けた新聞
紙を貼っていく。
②五重ぐらい貼れたら乾かして、頭の後ろから切り開いて
  土台のかしらからはがす。
③はがした張り子の頭に「フエキノリ」で再び新聞紙、コピ
  ー紙、美濃紙や半紙で重ねて貼って、乾かす。仕上げ
  は、しわにならないように、柔らかい白い紙で。

IMG_6033.jpg IMG_6008.jpg 

IMG_6027.jpg IMG_6030.jpg


IMG_6034.jpg

耳や、鼻、口元などは、凹凸を、ボール紙・紙粘土などで調整が必要です。
意外とうまくいきます。

この後の工程は、ただいま製作中につき、次回に


日野ひなまつり紀行の竹に書かれたおひな様

「日野ひなまつり紀行」始まっています

 私のおすすめ!

皆さんも面白いところ

発見してください!

 
今年もお出会い出来ましたねー
永年の友に出会ったように思います。
私のお気に入りのお雛様です。

IMG_5775.jpg



人力車に乗れます

IMG_5737.jpg
 


祭り囃子と人間おひなさま


IMG_5827.jpg


街は、いろんな飾り方をされていて、面白いです。

IMG_5846.jpg



アンパンマンもいます。 これは何だ?正解は一番下に

IMG_5771.jpg IMG_5829.jpg


園児の作品 にしてはアートっぽい!

IMG_5832.jpg


この家は、男の子しかいないのかなアー 

「武者人形」です。これもありです。

IMG_5769.jpg


これ竹田人形と言います。いい表情う!おもろい!

IMG_5624.jpg IMG_5623.jpg


イチオシのおいしいもん「ひなまつり御膳」 

IMG_5646.jpg


日野小唄 歌えますー? 

ずいぶん前に書いた絵で、今思うと
へたくそなので書き換えようかなー

IMG_5777.jpg



おひなさまに変身!

IMG_5629.jpg

近江最大の雛飾り

IMG_5639.jpg



土日には、地元の人による臨時のお食事処などが
たくさん出展されます。
私も多食べ歩きをしました。
もちろん全部は食べられないのでその一部ですが。


IMG_5810.jpg IMG_5807.jpg IMG_5803.jpg IMG_5799.jpg


街にはたくさんの竹に描かれたおひなさまがおられます。

それらは、お雛様が夜なべして書いておられます。

IMG_5541_2019022407285551f.jpg



笑えるお言葉も

IMG_5617.jpg


可愛いお言葉も

IMG_5619.jpg


重いお言葉も

IMG_5786.jpg

「日野ひなまつり紀行」の特色は150軒もの多くの
家庭が通りから見えるようにお雛様を飾っておられ
ることと、そのおひな様が江戸時代明治時代のもの
がたくさん飾られていることですが、その他、竹を加
工した飾り物がたくさん町のあちらこちらに飾られて
いることです。
3本くくりの竹筒、赤い台に横に置いた竹筒、ほい飾り
などがあり、町を華やかにしています。
その中でも、竹筒の上に、絵とメッセージが書かれ
た竹の切れ端が方々に、たくさん置かれているの
は、日野独特です。
その多くは笑えるような楽しいものですが、中には
ドキッとするものもあります。観光客の皆さんの中
には、それに気づかれて、竹絵のメッセージを読
んで楽しまれている方もあります。
この竹絵、運営資金の捻出のために、販売もして
います。小600円から大1000円という格安(^∇^)!
にて販売しています。
あなたの心に響くような言葉が見つかりましたら
どうぞお買い上げください。
このイベントにご協力を。



正解は、タコとネコ 多幸と招き猫 多幸を招く でした。


今年もやります!「雛御籤」(ひなみくじ)

IMG_3717_201902060639528ec.jpg


「お雛様からあなたに一言お伝えします」

 おみくじです。


①お賽銭を竹筒に入れてください。10円以上です。

②竹筒にさしてある「18本の竹の棒」から。
 1本を選んで引き抜きます。

IMG_5605.jpg

IMG_5606.jpg



③竹の棒の下の方に「い・ろ・は」の文字が書いていますので、
 その文字の竹の「切ったもの」を探してください。

IMG_5601.jpg


④それをひっくり返すと、そこには、
 お雛様から頂いた、
 あなたにお伝えしたいお言葉が書かれています。

IMG_5602.jpg




⑤ そのお言葉が、紙に印刷もされていますので、
 それをお持ち帰りください。


IMG_5594.jpg


竹に切れ端に描かれた「おひなさまとお言葉」が、
町のあちらこちらに置かれています。
また、「竹に描いたおひな様」を販売もしています。
売上代金は、このイベントの運営資金です。ご協力ください。


IMG_5526.jpg


IMG_5621.jpg



超多忙な大晦日と元日

毎年恒例ですが、ここ日野の田舎暮らしでは大晦日と
元日は超多忙となります。


31日、年末の大掃除の後は、神棚や仏壇の飾りつけをし
ます。


I我が家の神だなMG_5498  我が家の仏壇IMG_5501

そして夜は、8時から始まる綿向神社の禊の献灯に、

IMG_5453_201901020706192e4.jpg


そして9時から本誓寺に除夜の鐘を突きに・・・。今年は
60回ぐらいから10回ついて、108つ目の最後も突き
ました。いいことありそうです。


IMG_5468.jpg



元日は早朝4時半綿向神社の大戸開き(元旦祭)へ、


大戸開きIMG_5478

I獅子舞いMG_5487


7時半本誓寺の元旦会へ、
9時西之宮神社にての新町の新年あいさつ会へ、


本誓寺の元旦会IMG_5504 西之宮神社IMG_5513



10時から恒例の町内の6つのお寺に参詣と親戚への
ご挨拶に、そして午後から2月10日から始まる「ひなま
つり紀行」で、おひな様を飾っていただくお家200軒に
協力依頼の訪問ポスティング、そしてそして、竹におひ
な様の初描き・・・。疲れましたが、お出会いする多くの
皆さんと楽しい会話が弾んで、良い一日でした。

初描きIMG_5514


今年もいろんなことが待ち受けているでしょうが、「人生、
悲しかったり、時には楽しかったり、苦楽どんなことも
すべてを受け入れて味わう」覚悟です。と自分自身に
言い聞かせるのでした。



IMG_5471.jpg